借家は少ない?

借家の良い所は、まるでオーナーのように過ごすことができる点です。
一軒家で庭もあり、駐車場もあり、我が家ですよという大きな顔をすることができます。
借家は、賃貸でも人気がありますが、マンション等と比較をして、家賃は少し割高です。
それでも借家があればそちらが良いという意見は多いです。

そして、借家を貸しているオーナーにしてみても、いずれはそこに住むつもりで、賃貸にすることでメンテナンスも兼ねていて、家賃収入もあることから貸借関係としては良好です。
もう住まなくなったお家を貸すことができることで、投資の一つとも言えるでしょう。

日本全体では、借家の数は少ないとされていますが、地方に行くとよりどりみどりです。
しかし古い借家が多いのが特徴です。
中には、競売にかけられて、オーナーが落札して、そのまま借家にしていたり、自分の親が住んでいたところを古いけれど、リフォームを自分にしているケースも少なくありません。

できれば、借家が良いという方は地方に行くのも一つの手です。
とはいっても、仕事上、そんな簡単には行かないことですが、都会ほど借家は少ないといえます。
条件が合えば、良いのですが、都会では人気物件として、賃貸情報が出れば、すぐに埋まってしまうとされています。

都心でも、探せばあると言われていますが、2人で住むには広すぎて、家族で住むには狭い物件が多いのも困りものと言われていますが、借家にこだわる方にとっては、発見が楽しみと言ったところでしょう。


[管理人特選サイト]
親から借地権を相続した場合に無料で相談が出来る専用のサイトです ... 借地権 相続